榛東村・吉岡町の概要


項目
榛東村
吉岡町
紹介  榛東村は、県のほぼ中央に位置し、榛名山の東麓に広がる都市近郊農村地帯です。関越I.Cへも近距離にあり、また榛名・伊香保の観光地を背にし、「都市と自然の接点」に位置する恵まれた立地条件にあります。
 近年、榛東村は、周辺都市のベッドタウンとしても注目され人口も年々増加しています。公共下水道整備事業や、福祉施設整備事業等を推進し、健康で活力と文化に満ちた住み良い村づくりをめざしています。
 吉岡町は県のほぼ中央に位置し、榛名山の南東の山麓と利根川地域に展開しており、面積20.50平方キロの都市近郊農村です。西半分は榛名山の裾野の一部で標高200〜900メートルの傾斜地であり、一帯は放射状の輻射谷がよく発達しています。
 東半分は、標高100〜200メートルの洪積層からなる洪積台地が、山麓から東流する中小河川によって開析されています。昭和30年4月に明治、駒寄両村を合併し2つの村を結ぶ河川の名にちなみ、吉岡村と命名。平成3年4月に町制が施行され吉岡町となりました。
面積 27.94平方Km 20.50平方Km


12



調
人口 13,334人 16,504人
年齢別人口
構成比
15歳未満 17.4% 16.9%
15〜64歳 67.7% 67.1%
65歳以上 14.9% 16.0%
世帯数 3,872世帯 4,950世帯
就業者総数
(分類不能含)
7,029人 8,480人
第1次 総数 717人 734人
構成比 10.20% 8.70%
第2次 総数 2,257人 2,857人
構成比 32.10% 33.70%
第3次 総数 4,055人 4,829人
構成比 57.70% 56.90%
普通会計
予算規模
平成14年度 4,786百万円 5,424百万円
平成15年度 5,056百万円 5,524百万円
平成16年度 5,223百万円 4,874百万円



→トップページ  →ページ最上部へ