ホーム

榛東村便利帳

村からのお知らせ

村長あいさつ

村の概要

主な施設

観光情報

歴史・文化財

榛東村広報

議会

特産品

市町村合併

ニュースポーツ

イベントのお知らせ

交通・防犯ニュース

むらづくり計画

リンク

給与と定員管理

集中改革プラン

財政状況

社会保障・税番号制度

例規集

ご意見・お問い合せ

文字サイズ変更 | | | |

ホーム榛東村便利帳

児童福祉

児童福祉制度のあんない

担当課

住民生活課

児童手当制度について

平成28年1月から、児童手当の申請には個人番号の記入が必要になりました。出生・転入などにより新たに児童手当の申請を行う場合は、申請書に申請者および配偶者の個人番号の記入をしていただきます。

支給対象及び支給額

15歳到達後最初の3月31日までの間にある子どもを養育している方。
・0歳〜3歳未満の子ども       :15,000円
・3歳〜小学校修了前の子ども  :10,000円(第3子以降は15,000円)
・中学生             :10,000円

手当支給月

児童手当は下記の月に支払われます。
・6月支給(2月〜5月分)
・10月支給(6月〜9月分)
・2月支給(10月〜1月分)

児童手当の手続きに必要な書類

出生(第1子目)、転入等の時には下記の物が基本的に必要になります。
また、受給者の現況等によっては他に書類が必要な場合がありますので申請時にご確認ください。
・申請者(父母のうち家計の中心となる方)の印鑑
・申請者の健康保険証の写し(社会保険の方)
・申請者名義の普通預金口座の通帳の写し
・請求者および配偶者の個人番号(マイナンバー)

現況届の提出について

児童手当を受給される方は、引き続き資格があるか審査する必要があるため、毎年6月に現況届を提出する必要があります。現況届がお手元に届きましたら6月中に速やかに提出をお願いいたします。
なお、現況届を提出されない場合、6月以降の手当が受けられなくなりますのでご注意ください。

現況届に必要な物

・受給者の印鑑
・受給者の健康保険証の写し(社会保険の方)
・受給者によっては他に必要となる書類が必要な場合がありますので不明な場合はお問い合わせください。

お問い合わせ

榛東村役場 住民生活課
 榛東村新井790-1
 TEL:0279-54-2211(内線134)
 FAX:0279-54-8225

児童扶養手当について

父母の離婚などのため父または母と生計をともにしていない児童を養育している父または母などに対して支給される児童扶養手当。所得及び児童の数により支給金額が決定されます。毎年4月、8月、12月にそれぞれの前月分までが支給されます。

【支給月額】
・全部支給 児童1人の場合 42,500円
(児童2人の場合 10,040円増額、児童3人以上の場合 一人につき6,020円増額)
・一部支給 児童1人の場合 42,490円〜10,030円(児童2人の場合 10,030〜5,020円増額、児童3人以上の場合 一人につき6,010〜3,010円増額)

お問い合わせ

榛東村役場 住民生活課
 榛東村新井790-1
 TEL:0279-54-2211
 FAX:0279-54-8225

対象者

次のいずれかの条件に当てはまる児童を育てている父または母など
・父母が離婚
・父または母が重度障害者
・父または母が生死不明
・父または母から1年以上遺棄
・父または母が1年以上拘禁
・父または母へ裁判所からDV保護命令
・未婚の母
・父母ともに不明
・父または母が死亡

手続き

 申請は住民生活課で受けつてけています。戸籍謄本、住民票、印鑑の他にも、条件によって必要な書類等が異なりますので、一度相談にお越しください。また、支給認定後も毎年8月に現況届と必要に応じて書類の提出が必要となります。

資格喪失

 以下の場合、受給資格が無くなります。
・受給資格者である母又は父が婚姻した場合(事実上の婚姻関係、異性との同居や住民 票上同居(世帯分離を含みます)となった場合も含みます。)
・受給者である母又は父が児童を監護しなくなった場合
・児童が児童福祉施設等(通所施設を除く)に入所した場合
・遺棄していた父又は母から連絡があった場合(遺棄を理由に受けている場合)
・拘禁されていた父又は母が出所した場合(拘禁を理由に受けている場合)
・受給者である養育者が、児童と別居し養育しなくなった場合
・児童が婚姻した場合
・児童が死亡した場合
・受給者又は児童が日本国内に住所を有しなくなった場合
・このほか、認定時の支給要件に該当しなくなったとき  受給資格がなくなっているのに手当を受給した場合、資格喪失日の翌月分より手当の全額を一括返還しなければなりません。手続きは速やかに行ってください。

特別児童扶養手当について

精神または身体に障害のある児童を養育している父または母に支給される特別児童扶養手当。父母以外の人が児童を養育している場合にも支給対象となります。毎年4月、8月、11月に支給されます。
 【支給月額】 ・障害1級 51,700円/人 ・障害2級 34,430円/人

対象者

精神または身体に障害のある20歳未満の児童を養育している父または母など(どちらか所得が高い方)

手続き

 申請は住民生活課で受け付けます。身体障害者手帳または療育手帳、戸籍謄本、住民票、印鑑の他にも、条件によって必要な書類等が異なりますので、一度相談にお越しください。
 また、支給認定後も毎年8月に所得状況届と必要に応じて書類の提出が必要となります。

     

資格喪失

 以下の場合等は受給資格が無くなります。
・児童が施設に入所した場合
・児童を監護しなくなった場合
・児童が障害を事由とする公的年金を受給できる場合
・児童の障害が特別児童扶養手当の等級に該当しなくなった場合  
 受給資格がなくなっているのに手当を受給した場合、資格喪失日の翌月分より手当の全額を一括返還しなければなりません。手続きは速やかに行ってください。

     

お問い合わせ

榛東村役場 住民生活課
 榛東村新井790-1
 TEL:0279-54-2211
 FAX:0279-54-8225

ファミリー・サポート・センターについて

 平成24年度からファミリー・サポート・センター事業を実施します。 会員を募集をしておりますので、しぶかわファミリー・サポート・センターまでお問い合わせください。
 この事業は『育児援助を受けたい人』と『育児援助を行いたい人』からなる会員組織です。アドバイザー等が中心となり、会員間の育児に関する相互援助活動(子どもの預かり、保育所への送迎など)の調整等を行います。これにより、勤労者等が仕事と育児の両立ができる環境を整備するとともに、地域での子育て支援に取り組みます。

利用方法

 会員登録が必要となりますので、受付時間内に電話連絡のうえ、印鑑持参により渋川市ほっとプラザ内しぶかわファミリー・サポート・センターまでお出かけください。

おねがい会員(依頼会員)
おおむね生後3ヶ月から中学生までの子どもの保護者

まかせて会員(援助会員)
20歳以上で子育て経験のある方。自宅で子どもを預かる事のできる方で、心身ともに健康な方。

どっちも会員
おねがい、まかせての両方ができる方。

利用料金

 援助を依頼した『おねがい会員』から、援助を行った『まかせて会員』へ下記金額を報酬として支払っていただきます。

利用日 利用時間 1時間あたり料金 
平日 午前7時〜午後7時 700円
上記以外の時間 800円
土曜日、日曜日、
祝日、休日
午前7時〜午後7時 800円
上記以外の時間 900円
上記の他に打ち合わせ料として200円が必要となります。
交通費、食事代(ミルク等)、おやつ代など別途必要な場合があります。

原則として宿泊による援助は行いません。

受付日時

月曜日〜金曜日(年末年始(12月29日〜1月3日)、祝日、休日を除く)
午前9時〜午後5時

お問い合わせ

榛東村役場 住民生活課
 榛東村新井790-1
 TEL:0279-54-2211
 FAX:0279-54-8225

しぶかわファミリー・サポート・センター
 群馬県渋川市渋川1338-4
  渋川すこやかプラザ内
(旧渋川総合病院)
 TEL:0279-22-5200
 FAX:0279-22-5201