○臨時的任用職員に関する規程

平成6年5月26日

訓令第3号

(目的)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第5項の規定に基づき、臨時的に任用する職員(以下「臨時的任用職員」という。)の取扱いに関し、労働基準法(昭和22年法律第49号)その他法令に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

第2条 削除

(任用の原則)

第3条 臨時的任用職員は、原則として臨時的任用職員任用候補者として登録された者のうちから行うものとする。

(登録)

第4条 臨時的任用職員任用候補者としての登録は、希望者から提出された求職登録票(別記様式第1号)に基づき行うものとする。ただし、特別な事情のある者は、履歴書の提出をもつて求職登録票に代えることができる。

2 村長は前項の規定により登録したときは、求職登録票等に登録番号を付すこととする。

3 登録の有効期間は任命権者が採用しようとする日の属する年度の末日(1月4日から3月31日までの間に登録した者にあつては翌年度の末日)までとする。ただし、村長が必要と認めるときは期間を延長することができる。

4 登録は登録者の申出又は村長が認めるときは、これを取り消すものとする。

(任用等の手続)

第5条 臨時的任用職員を任用又は更新しようとするときは、臨時的任用職員任用(更新)申込書(別記様式第2号)を任命権者に提出するものとする。

2 任命権者は、任用又は更新を決定したときは、任用(更新)通知書(別記様式第3号)を当該臨時的任用職員に対し通知するものとする。

(任用期間)

第6条 臨時的任用職員の任用期間は原則として6月を超えない期間とする。ただし、業務の特殊性その他特別の事由により、任命権者が特に必要があると認める場合には、6月を超えない期間で更新することができる。

(退職)

第7条 臨時的任用職員は、次の各号のいずれかに該当したときは、退職する。

(1) 任用期間が満了したとき。

(2) 退職願が提出され、かつ、任命権者により承認されたとき。

2 前項第1号の規定により退職する場合は、任用期間満了する日の30日前までに任用期間満了予告通知書(別記様式第4号)により通知しなければならない。

3 第1項第2号の退職願は、退職を希望する日の14日前までに任命権者に提出しなければならない。

(解雇)

第8条 臨時的任用職員が次の各号の一に該当すると認められる場合には、任用期間中においてもこれを解雇することができる。

(1) 勤務成績が良くない場合

(2) 1月を通じて出勤日数が2分の1未満の場合

(3) 心身の故障のため、職務の遂行に支障が認められる場合

(4) その他、その職務に必要な適格性を欠く場合

(5) 事業の縮小又は合理化等により雇用の必要がなくなつた場合

2 前項の規定により臨時的任用職員を解雇しようとするときは、当該臨時的任用職員に対し、解雇しようとする日の30日前までに解雇予告通知書(別記様式第5号)により通知しなければならない。

(勤務時間)

第9条 臨時的任用職員の勤務時間は、榛東村職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成6年榛東村条例第27号。以下「勤務時間条例」という。)に定める時間の範囲で所属長が定めるものとする。ただし、特殊な業務に従事するものについては、総務課長と協議のうえ別に定めることができるものとする。

(週休日及び勤務時間の割振り等)

第9条の2 臨時的任用職員の週休日、勤務時間の割振り、週休日の振替、休憩時間及び休息時間については、正規職員に準じる。

(休日及び休日の代休日)

第9条の3 臨時的任用職員の休日及び休日の代休日については、正規職員に準じる。

(給与)

第10条 臨時的任用職員の給与の種類は、基本賃金、時間外勤務手当及び期末手当とする。

2 基本賃金は、月額、日額及び時間額とし、その額については、村長が別に定める。

(時間外勤務手当)

第10条の2 時間外勤務手当の支給については、榛東村職員の給与に関する条例(昭和32年榛東村条例第5号。以下「給与条例」という。)第12条の規定を準用する。

(期末手当)

第11条 期末手当は、12月1日(以下「基準日」という。)に在職する臨時的任用職員(賃金が月額の者に限る。)に対して、基本賃金の1月の額に、基準日以前6月以内の期間におけるその者の在職期間の区分に応じて、次の表に定める割合を乗じて得た額を12月に支給する正規職員の期末手当の支給日に支給するものとする。ただし、任用の際、特別の定めをしたもの又は勤務成績の不良等により期末手当を支給することが適当でないと村長が認めるものについては、期末手当の全部又は一部を支給しないことができる。

在職期間

割合

6月

100分の100

5月以上6月未満

100分の80

4月以上5月未満

100分の60

3月以上4月未満

100分の50

2月以上3月未満

100分の30

1月以上2月未満

100分の20

1月未満

0

(給与の減額)

第11条の2 臨時的任用職員の給与の減額については、給与条例第11条の規定を準用する。

(年次有給休暇)

第12条 臨時的任用職員に対し、次の各号に掲げる年次有給休暇を付与する。

(1) 1週間の勤務日が5日以上とされている者、1週間の勤務日が4日以下とされている者で勤務時間が30時間以上である者又は1年間の勤務日217日以上である者の年次有給休暇の付与日数は、別表第1のとおりとする。ただし、当該年の中途において新たに採用された臨時的任用職員については、その年の在職期間を考慮し、別表第2のとおりとする。

(2) 1週間の勤務が4日以下とされている者で1週間の勤務時間が30時間に満たない臨時的任用職員の年次有給休暇の付与日数は、継続勤務期間及び週所定勤務日数(週以外の期間によつて所定勤務日が定められている臨時的任用職員にあつては、1年間の所定勤務日数)に応じて、別表第3のとおりとする。ただし、当該年の中途において新たに採用された臨時的任用職員については、その年の在職期間を考慮し、別表第4のとおりとする。

2 年次有給休暇の取得単位は、1日又は1時間とし、1日は1日の所定の勤務時間をもつて換算する。

3 年次有給休暇の届出及び承認については、正規職員の例による。

(その他の休暇)

第12条の2 臨時的任用職員(賃金が月額の者に限る。)に対し、次の各号に掲げる有給の休暇を付与する。

(1) 夏季休暇

(2) 忌引休暇

2 休暇の期間等については、榛東村職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成6年榛東村規則第11号)の規定を準用する。

(社会保険等の加入)

第13条 臨時的任用職員の社会保険等の適用については、雇用保険法、健康保険法(大正11年法律第70号)、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)及び雇用保険法の定めるところによる。

2 臨時的任用職員が勤務上災害を受けたときは、村が加入する非常勤職員公務災害補償保険制度又は労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)の定めるところによる。

(給与の支給方法等)

第14条 臨時的任用職員の給与の支給方法及び休暇の手続等に関しては、この訓令に定めるもののほか、正規職員の例による。

(雑則)

第15条 この訓令に定めるもののほか、この訓令の施行に関し必要な事項は別に定める。

附 則

この規程は、平成6年6月1日から施行する。

附 則(平成10年訓令第1号)

この規程は、平成10年3月25日から施行する。

附 則(平成11年訓令第5号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成11年訓令第13号)

この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成15年訓令甲第2号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年訓令甲第2号)

この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令甲第3号)

この訓令は、平成18年7月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令甲第4号)

この訓令は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令甲第7号)

この訓令は、平成19年1月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令甲第3号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年訓令甲第2号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

別表第1(第12条関係)

継続勤務期間

1年

2年

3年

付与日数

11日

12日

14日

別表第2(第12条関係)

在職期間

付与日数

1月未満

2日

1月以上2月未満

3日

2月以上3月未満

5日

3月以上4月未満

7日

4月以上5月未満

8日

5月以上

10日

別表第3(第12条関係)

週所定勤務日数

1年間の所定勤務日数

継続勤務期間

1年

2年

3年

4日

169日から216日

8日

9日

10日

3日

121日から168日

6日

6日

8日

2日

73日から120日

4日

4日

5日

1日

48日から72日

2日

2日

2日

別表第4(第12条関係)

週所定勤務日数

4日

3日

2日

1日

1年間の所定勤務日数

169日~216日

121日~168日

73日~120日

48日~72日

在職期間

1月未満

1日

1日

0日

0日

1月以上2月未満

2日

1日

0日

0日

2月以上3月未満

3日

2日

1日

0日

3月以上4月未満

4日

3日

2日

0日

4月以上5月未満

5日

4日

2日

0日

5月以上

7日

5日

3日

1日

画像画像

画像

画像

画像

画像

臨時的任用職員に関する規程

平成6年5月26日 訓令第3号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
例規集/第4類 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成6年5月26日 訓令第3号
平成10年3月25日 訓令第1号
平成11年3月31日 訓令第5号
平成11年10月13日 訓令第13号
平成15年3月10日 訓令甲第2号
平成17年3月10日 訓令甲第2号
平成18年6月30日 訓令甲第3号
平成18年9月26日 訓令甲第4号
平成18年12月25日 訓令甲第7号
平成19年3月23日 訓令甲第3号
平成25年3月31日 訓令甲第2号